競馬ディープインパクトが安楽死で死亡!なぜ?その理由は?治療はできないのか?安楽死の方法は?

スポンサーリンク

ディープインパクトが頚椎骨折で
安楽死させられたと
ニュースで報道されていますが

競馬をやらない人でも
ディープインパクトがすごい馬だ
という認識がある人が
多いのではないでしょうか?

しかしこんな風に思う方も
多いのではないでしょうか?

「なぜ骨折で安楽死させなきゃいけないの?

「動物を安楽死なんて虐待だ!」

もちろん虐待でこんなにすごい馬を
殺してしまうはずはありません。

しっかりとした理由があります。

今回はディープインパクトの安楽死について
詳しく調べてきました。

ディープインパクトが頚椎骨折で安楽死!

史上最強馬と呼ばれた
ディープインパクトが30日に
死にました。

社台スタリオンステーションの
ホームページによると

28日に頸部の手術を受けましたが
29日の午前中に突然規律不能となり
30日の早朝にレントゲン検査を行ったところ
頚椎に骨折が見つかり
回復の見込みがないことから
安楽死になったとのことです。

スポンサーリンク

なぜ安楽死をさせるのか?理由は?

実は、競争馬が安楽死をさせられるというのは
ディープインパクトに始まった話ではないんですね。

ではなぜ骨折しただけで
安楽死させるのか?

ギプスをはめて治療する
というわけにはいかないのか?

と疑問に思うと思いますが
まず安楽死にするかどうかを
判断するのは獣医師になります。

医師専門用語で「予後不良」
と診断された時に

安楽死させようという
判断になるわけです。

つまり動物医学の
プロである獣医師が

「安楽死が馬にとって最善だ」

と判断するんですね。

もともと競争馬は
1本の足に対して
100〜150kgの負担がかかると
言われています。

しかしご存知の通り
足の馬は細く1本でも折れると
他の三本に負担がかかることになります。

そうなると他の足にも
蹄葉炎(ていよう えん)
蹄叉腐爛(ていしゃふらん)
といった病気を発症してしまいます。

過去に骨折した馬を
馬主の意向で安楽死させずに
療養したことがありました。

33名の獣医が協力して手術し
命は助かると判断されるくらいに
回復しました。

しかし最終的に
骨折した足に体重がかかってしまい
患部が腐敗してしまったのです。

そして蹄葉炎を発症して
約5ヶ月後に自然死してしまいました。

さらに体重も500kgから300kgまでに
減ってしまっていたことから
馬にとっても、かなり辛い
闘病生活だったと予想されます。

ではベッドに寝かせておけば良いのでは?

と思ってしまいますが
馬は本能的に立とうとしてしまいます。
立ったまま寝るほど
基本的には立って生活する動物です。

寝たままだとお腹周りの皮膚が
体の重さに圧迫を受け
皮膚が痛みに耐えられないとのことです。

なので馬が足一本でも骨折してしまうことは
安楽死もやむを得ないほど
馬にとって大問題ということです。

安楽死の方法は?

安楽死の方法ですが
薬物投与などで行われることが一般的です。

「安楽死」というくらいなので
もちろん馬に苦痛がないよう
処置をしています。

しかし、いくら生きることが困難になるとはいえ
死ぬ時が苦しくないとはいえ
まだ生きることができる馬を
人間が判断して殺してしまうというのは
あまり良い気持ちではないですよね。

一刻も早く、馬用の
車椅子のようなものが開発されることを
願うばかりです。

ネットの反応は?



スポンサーリンク