ひき逃げ犯・伊藤桃花容疑者の顔画像やfacebook!専門学校はどこ?犯行動機はパニックになったから?愛知県豊田市

スポンサーリンク

愛知県豊田市の路上で20日、男性がひき逃げされた事件で、同県みよし市の専門学校生・伊藤桃花容疑者(20)が同日、過失運転致死などの疑いで逮捕されました。

今回の事件について詳しく観ていきましょう。

最後までよろしくお願いします。

 

道路に横たわっていた公務員の男性がひき逃げされ死亡 20歳専門学生の女逮捕「パニックに…」

20日未明、愛知県豊田市で45歳の男性がひき逃げされ死亡した事件で、警察は現場から逃走していた20歳の専門学生の女を逮捕しました。

逮捕されたのは、みよし市南台の専門学生・伊藤桃花容疑者(20)で、20日未明、豊田市神田町で路上に横たわっていた岐阜県瑞浪市の公務員・安藤尚也さん(45)を軽乗用車ではねそのまま逃走したひき逃げの疑いです。

安藤さんは頭などを強く打ち、搬送先の病院で死亡しました。

警察はひき逃げ事件として捜査していて、付近の防犯カメラの映像を解析するなどして伊藤容疑者の車を割り出し、逮捕しました。

調べに対し、伊藤容疑者は「パニックになり怖くなって戻ることができなかった」と容疑を認めているということです。

引用:ヤフーニュース

 

スポンサーリンク

伊藤桃花容疑者がひき逃げをした犯行動機や経緯は?

 

伊藤桃花容疑者がひき逃げをした犯行動機は?

事件が起きたのは深夜0時頃とのこと。

普通に運転していれば道路に人が寝ているなんて思わないでしょう。

ところが寝ていた。

車の往来も少ない時間帯でしょうから、暗くて見えにくかったでしょう。

伊藤桃花容疑者は気付いたのかもしれませんが避けることが出来ずに轢いてしまったと思われます。

そして本人の供述通り「パニックになり怖くなって戻ることができなかった」という状態だったんでしょう。

 

伊藤桃花容疑者がひき逃げをした経緯は?

これは不運としか言いようがありません。

もし別の車だったとしても撥ねていた可能性が高いと思われます。

そもそも事件のあった場所に寝ている方が悪いでしょう。

逃げてしまったのは悪いですが、撥ねてしまったのは仕方ないと思います。

 

伊藤桃花容疑者の顔画像やSNS!学校名は?

色々と調べてみましたが、今のところ顔写真や学校名など特定することが出来ませんでした。

ネットでFacebook、Twitter、Instagramなど検索してみたところ、伊藤桃花容疑者のものと思われるアカウントを特定するには至りませんでした。

現在分かっているのは以下の情報となります。

名前:伊藤桃花

年齢:20歳

住所:愛知県みよし市南台

職業:専門学生

 

何か情報が入りましたら改めて更新させていただきます。

 

伊藤桃花容疑者がひき逃げした事件現場はどこ?愛知県豊田市神田町2丁目

(グーグルマップ引用)

 

ネットの反応

実際、運転手の立場だったら、青ざめてどうしたらいいか分からなくなるかも。
「逃げた」というより、「何もできなかった」だと思う。
そんな臨機応変にイレギュラー事態に対応できるほど20歳そこそこの学生は人生経験積んでないでしょ。自衛官や医師とかなら分かるけど。飲酒運転やスピード違反でもなさそうだし、これは道路に横たわってる方も問題だよ。

 

ひいたことも逃げたこともよくないが、道路に横たわってる人にも問題あるだろう。

 

道路に人が寝てたら、自分も止まれたか不安。
超想定外の出来事で色んな事考えてしまったんでしょう。

 

いくら路上に寝てたとしても逃げるのは絶対駄目、逆に逃げた方がずっとビクビクして生活しないといけなく辛い人生、ひいてもその場で救急車呼び助かれば感謝されたかもしれない、まだ若いのに両親も本人もこの先辛い人生だな。

 

夜間で道路に横たわってたら、なかなか目視出来ない。
逃げたのは大罪だが、道路に横たわるのも大罪だと感じる。人に迷惑をかける自殺と同じじゃないかな?

 

なぜ横たわってた?そこが明確にならないと、あたり屋と同じ。仮に酔ってたとかなら、車はその道を通れないという展開になる。

引いてその場を逃げてしまったことには問題があるが、何でもかんでも運転者側に責任を問うのはどうかと思う。

もっと事故当時の状況を明らかにしてから書くべき記事では?

 

まとめ

今回の事件、ハッキリ言って伊藤桃花容疑者も被害者だと思います。

もちろん逃げてしまったことは絶対にいけません。

しかし道路で寝ている方がよっぽど悪いと思います。

それを避けられなかった運転手が悪いというのは絶対におかしいです。

飲酒運転やスピード違反などであれば話は別ですが。

伊藤桃花容疑者には逃げたことに関しては反省してもらい、第二の人生を進んで欲しいです。



スポンサーリンク