元ブリリアンのコージこと徳田浩至、アメフト復帰!!経歴は?

スポンサーリンク

ブルゾンちえみさんとユニットを組み、「35億」のフレーズで話題となった元ブリリアンのコージこと徳田浩至さん(32)が、アメリカンフットボールの選手として復帰することが分かりました。

今回のニュースについて詳しく観ていきましょう。

最後までよろしくお願いします。

 

ブルゾンの背後で葛藤 解散→アメフト復帰決めたコージ

ブルゾンちえみとユニットを組み、「35億」のフレーズで話題となった元ブリリアンのコージこと徳田浩至(こうじ)(32)が、アメリカンフットボールの選手として復帰する。「ブルゾンさんの後ろで、しゃべらないお笑いを続けるうちに、葛藤が起きた。自分を見つめ直した先にあったのが、アメフトだった」。コンビを解散し、社会人Xリーグでのプレーを目指している。

徳田は大阪学芸高でアメフトをはじめ、法大に進学。相手の司令塔のQB(クオーターバック)にタックルを決めたり、ランを止めたりする守備のDE(ディフェンスエンド)として活躍した。2009年シーズンでは主将として、第64回甲子園ボウル(全日本大学選手権決勝)に出場。関大に敗れたが、2万5千人の歓声を全身に浴びたことで、「あの感覚を再び味わいたい。その近道を考えた」。出した答えが、お笑いの世界だった。

16年に同じ年の杉浦大毅とコンビ「ブリリアン」を結成。その後、事務所の先輩だったブルゾンに声をかけられ、「ブルゾンちえみ with B」として活動し始めると、翌17年、一気にブレークを果たした。

「with B」としては、音楽に合わせてブルゾンの後ろで踊り、最後に上半身裸を披露。一人は背中に油性ペンで「35」、もう一人が「億」の文字を書き、ポーズを決めた。「35」の方が徳田だった。

「『with B』と『ブリリアン』のどっちを本気でやっていくのか。人を笑かしたいのに、しゃべらない設定で、どう個性を出すのか。二人で話し合ううちに、お互いがやりたいことをやろう、という結論になった」

コンビ解散を決めた後、頭に浮かんだのはアメフトだった。「脳だけでなく、体中がアメフト一色だった」。「with B」で注目を浴びた後、アメフト関連の仕事も舞い込んだ。「有名になってアメフトの仕事にも携わる」という夢がかなったようにも思えた。でも、満ち足りてはいなかった。

昨年はラグビーがワールドカップで人気に火がついた。「うらやましかった。競技をメジャーにするには起爆剤がいる。自分に何ができるか」。悩んだ末、競技復帰することを決めた。

Xリーグは近年、外国人選手が台頭するなど、争いはハイレベルだ。現在は、東京都内でトレーニングをしながら、8チームで構成される上位リーグの下部にあたる、「X1エリア」のチームと交渉中だ。今後はコージ・トクダとしてタレント活動を続けながら、競技に取り組む予定だ。

引用:ヤフーニュース

 

スポンサーリンク

コージがコンビを解散した理由

事務所の先輩だったブルゾンちえみさんに声をかけられ、「ブルゾンちえみ with B」として活動し始めたところ、2017年、一気にブレークを果たしました。

当時はテレビを観る度に出ていて、おそらくまともに休むこともできなかったのではないでしょうか?

しかしブレークしたと言ってもそれはブリリアンとしてブレークしたのではなく、あくまで「with B」として。

ブルゾンちえみさんがいて初めて成り立つブレークです。

しかしブルゾンちえみさんはピンでの仕事が多くなり、ブリリアンもブルゾンちえみさんとは別々に仕事をするようになりました。

しかしブリリアンとしてはパッとせず、2020年3月10日をもって解散。

一生懸命ブリリアンとして努力はしてみたものの、どうしようもない壁にぶつかってしまったんでしょう。

徐々に活躍していくパターンであればともかく、完全にブルゾンちえみさんの力に乗っかってブレイクしてしまったため、実力もないままテレビの第一線で戦わなければいけない状況でした。

チャンスではあったかもしれませんが、ブリリアンにとってはそれは残酷なステージだったのかもしれません。

 

コージのアメフトの経歴は?

実はコージは学生時代、アメフトで活躍していました。

以下、Wikipediaに当時の経歴が書かれているので引用します。

 

小中学生時に野球を6年間やっていた。高校でも引き続き野球部に入るか、興味のあったギター部に入るか考えていたが、たまたまアメフト部の部員につかまってキャッチボールをしたところ、うまいと褒められたことでそのままアメフト部に入部した

大学時代は法政大学体育会アメリカンフットボール部(法政大学トマホークス(現:法政大学オレンジ))に所属し。ポジションはDE(ディフェンシブエンド)。

大学1年時(2006年度)に甲子園ボウルで勝利し、大学日本一となっている。

大学1年時の背番号は「92」、大学2-4年時は「44」、2008年度甲子園ボウル出場(8-19で立命館大に敗退)。

2009年度(4年時)は主将を務め(部員全員の投票による)。関東リーグ戦(2004~2014年)73連勝の歴代主将の一人2009年度甲子園ボウル出場(東西大学王座決定戦(当時)、38-50で関西大に敗退、観衆25,000人)2009年度オール関東

2009年関東決勝(クラッシュボウル、早稲田大に38-11で勝利、その時の選手紹介文は「闘将徳田、熱きタフガイ」

アンダーアーマーカレッジボウル2010川崎(一部リーグA・Bブロックのオールスター同士の試合、Aブロック主将、14-7で勝利) 敢闘賞受賞

アメフト選手としての自分の能力に限界を感じ、社会人でもやろうとは思わなかった。

ただあの甲子園での感動を再び味わいたいという気持ちからその近道を考えて出した答えがお笑い芸人であった

アメフト歴は高校・大学の計7年

NFLファン(好きなチームはラスベガス・レイダース)

2016年発行の甲子園ボウルの記念誌に、「芸人としてブレークし、アメフトの仕事にも携わりたい」との思いをつづっている

引用:Wikipedia

 

こうやって見ると、結構凄い選手だったみたいです。

ただ自分の力に限界を感じ、社会人リーグには進まなかったみたいですね。

 

元ブリリアンのコージのプロフィールやSNSは?

現在分かっているのは以下の情報となります。

名前:徳田 浩至

生年月日:1987年12月20日

年齢:32歳

出身地:大阪府

身長:182cm

体重:81.8kg

血液型:A型

 

SNSについてですが、以前はTwitter、Instagram、Facebookとやっていたようです。

今わかるのはTwitterだけでした。

Twitter:@Koji_Tokuda

何か情報が入りましたら改めて更新させていただきます。

 

ネットの反応

32歳という年齢とブランクがあるというネックがありますが、ぜひ頑張ってほしいです。将来的に指導者にもなっていただけたら嬉しいです。

 

同級の栗原さんともトレーニングしていたし、現状を認識しての決断だろう。チャレンジは凄い!頑張れー!

 

応援してるで!回りの反応を見て行動するにはまだ若すぎるて!とりあえず今やりたい事やろうや!(^^)

 

TBS日曜劇場『ノーサイドゲーム』に出演されたことも気持ちが復帰に大きく傾く切っ掛けになったのでしょうね。
32歳。まだまだ若いです。
活躍を応援しています。

 

見た目いいしスポーツ系もいけるし喋りやアドリブ、頭の回転もブルゾンや黒髪よりは全然いい。ブルゾン含めて3人の中で芸能界に生き残れる可能性が高いのはこの人だと思う。

 

年齢の事もあるし、現役でやってる方からしたらブランクもあるけど、悔いの残らないように頑張ってください!

 

まとめ

ブリリアンはブルゾンちえみさんのおかげで一瞬にして売れっ子になりました。

ただそれはあくまでブルゾンちえみさんあってのこと。

コンビとしての活躍は難しいと判断し、早々に解散したのは良かったと思います。

コージさんはまだ32歳。

スポーツ選手としてはブランクなどを考えると厳しいかもしれませんが、それでもまだ動ける年齢ではあります。

今後の人生で後悔しないように、復帰を目指すのは素晴らしいと思います。

それにここでアメフトに関わっていけば、タレントとしての仕事などが入ってくる可能性が高いでしょう。

今後は別の形でまたブレイクしてくれるといいですね。



スポンサーリンク