長畑公喜と野田ひかりの顔画像やfacebookは?2人は恋人だった?航空自衛隊の女子更衣室盗撮事件!

スポンサーリンク

航空自衛隊岐阜基地内の女子更衣室で男女2人組が盗撮した事件が発生しました。
2人は同基地所属だったようです。その犯行動機はなんだったのでしょうか。
早速見ていきましょう。

 

航空自衛隊員の長畑公喜と野田光が女子更衣室を盗撮!

岐阜県各務原市の航空自衛隊岐阜基地内の、隊舎の女子浴室に盗撮目的で侵入したとして、岐阜県警中署は27日、建造物侵入の疑いで同基地所属の2等空曹・長畑公喜容疑者(35)を再逮捕し、空士長・野田ひかり容疑者(24)を逮捕した。同署は認否を明らかにしていない。

2人の逮捕容疑は、17年10月ころから18年3月26日ころまでの間に、共謀して女子浴室に盗撮目的で複数回、侵入した疑い。

岐阜・中署によると、長畑容疑者は10月23日深夜、岐阜市内の自宅とは別のアパートの共用廊下や外階段に侵入し、部屋のドアをたたくなどして、同24日に邸宅侵入の疑いで逮捕、起訴された。その取り調べの過程で、同容疑者のスマートフォンの中から、女子浴室の脱衣所で撮られたとみられる、服を脱いでいる女性などが写った画像が保存されていることが発覚。取り調べの中で野田容疑者が浮上し、逮捕に至った。同署は、2人が共謀した上で、長畑容疑者が女子浴場に入ることができる野田容疑者に盗撮させたと見て、犯行の経緯などを調べている。

航空自衛隊岐阜基地司令の上境賢己空将補は「隊員が、このような事件を起こし、逮捕されたこと、また逮捕にいたる事案が連続して発生したのはまことに遺憾。厳正に受け止め、隊員指導を徹底し再発防止に万全を期したい」とコメントした。長畑、野田両容疑者の関係について、関係者は「職場の同僚ということ以上は、プライベートに関する問題ですので差し控える」とした。

出典:日刊スポーツ

 

スポンサーリンク

盗撮の犯行動機は?2人の関係は恋人だった?

なぜ長畑容疑者と野田容疑者はこのような犯行に及んだのでしょうか?
その動機は詳しくは公表されてはいませんが、考えられるとしたら、

・盗撮した動画や画像をネットで売りさばく為
・性的欲求を満たしたかった
・スリルを味わいたかった

このあたりでしょうか。

2人の関係性についても恋人かどうかは明らかになっていませんが、女性が盗撮で逮捕という所は考えられないですよね。
恐らく野田容疑者が女子更衣室にスマートフォンを設置したと考えるのが自然です。同じ女性ですし。

野田容疑者が犯行に及んだ理由も考えてみました。

・長畑容疑者に脅されてやった
・野田容疑者に金の報酬をもらうためにやった
・野田容疑者の事に心底惚れ込んでいて喜ばせるためにやった

このあたりですかね。どれにしても同姓も絡む盗撮事件は何とも悪質極まりないですね。

 

長畑公喜の顔写真やSNS!

今のところ、顔写真やSNSについて調べましたが残念ながら長畑容疑者と思われるものは特定できませんでした。
特定ができ次第、追って更新していきます。

 

野田ひかりの顔写真やSNS!

野田容疑者の顔写真やSNSについても、長畑容疑者同様特定はできませんでしたので、
こちらも情報が入り次第更新していきます。

 

ネットの反応

・お互いの関係は知らないけど男が私的に楽しむ目的じゃないのはわかる、
実行犯に同性が絡んだ盗撮は十中八九金に変わってる。

・まあ、残念ながら士気が相当落ちているのだろうね。
万一の時にはお互いに命を預けなければならない相手に対して、盗撮なんて。

・二人は恋愛関係にあったのかな?だとしても男に他の女の裸を見せようとする女なんているかな?やはり金に換える目的でしていたんだろう。しかしスマホを警察に見られて御用になるなんて…

・女子トイレや更衣室で盗撮する役目の女がいるって聞いたことあるけど、まさか自衛隊員が同僚を盗撮するってイカレてるね。
毎日公務員の不祥事のニュースも凄い。能力だけで採用するのではなく、誠実な人間を採用して欲しいね。

・士長の子も先輩には逆らえなかったか、お金を積まれたか。どちらにしてもやってはいけないこと位わからなくちゃいけない。芋づる式に捕まったけど、他にも誰か関係してるかも。

・これって男の上司が女の部下に同じ職場の女の子達が入っている女風呂の盗撮を指示して実際に盗撮が行われて動画が男の上司に見られていたということなの?
衝撃的です。
こんなことが実際にやられているなら、アイドルグループなどでも女の子に指示して盗撮したり、対立するグループの女の子を盗撮して陥れたりしているメンバーもいるということなの?
女の子達怖いです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

航空自衛隊の基地内での男女2人組による女子更衣室盗撮事件について紹介させていただきました。
最後までご覧いただきありがとうございました。



スポンサーリンク