名古屋小5いじめた小学生の名前や顔画像!小学校はどこ?特定か!20万円恐喝!愛知県名古屋市

スポンサーリンク

名古屋の小学5年生の男子児童が同級生複数人から現金総額20万円を手渡していた事件が判明しました。
事件となった小学校はいったいどこなのでしょうか。
早速見ていきましょう!

名古屋市の小学校でいじめでかつあげ !現金20万円を恐喝!

名古屋市の小学校に通う5年生の男子児童が複数の同級生から現金を要求され、総額20万円を手渡していたことがわかりました。市の教育委員会は調査の結果、「いじめ」と認定したということです。

いじめを受けたのは、名古屋の市立小学校に通う5年生の男子児童です。複数の関係者によりますと、男子児童は今年8月、同級生数人から「金を持って来ないと“のけ者”にする」などと言われ、自宅にあった母親の500円玉貯金箱から現金を持ち出し、3000円を手渡しました。その後、金銭の要求はおよそ1か月間、毎日のように続き、手渡した総額は20万円にのぼったということです。

現金を受け取った同級生らは、ゲームセンターで使ったほか、児童にスマートフォンのゲームなどに使えるプリペイドカードを買わせたこともあったということです。

今年10月、事態を把握した学校は「深刻ないじめの可能性がある」として、市の教育委員会に申告。教育委員会は調査の結果、「いじめ」と認定しました。

被害児童の父親はJNNの取材に対し、「気付くのが遅ければ、息子は死んでいたかもしれない。加害児童には心から反省してほしい。学校には、息子をしっかり見ていてほしい」とコメントしています。

出典:TBS news

 

スポンサーリンク

事件の発覚の経緯

いじめた児童から「金出してよ。でないとのけ者にする」とおどして今年の8月頃から約1カ月間に渡り恐喝をされていたそうです。
脅された児童は母親の貯めていた500円玉貯金箱に手を出し、3000円から多い時だと1万5千円を繰り返し渡していたみたいです。

恐喝した児童達はそのお金をゲームセンターなどで使い、時にはスマートフォンのアプリの課金用のプリペイドカードを買わせていた事も。

今年の10月、貯金箱のお金が減ったことに気付いた母親が、脅されていた児童に問い詰めたところ、児童は「絶対違う。自分の意思で上級生におごっていた」と完全否定。
しかしその後学校側から母親あてに「息子さんが同級生にお金をとられているようです。」と電話があり今回の事件が発覚しました。

問題発覚後の11月、学校は関係した児童6人に被害児童に対して謝罪させたということです。

恐喝された男子児童はこんなにもひどい仕打ちを受けているのにもかかわらず庇うなんて考えられませんね…。それほどまでにのけ者にされたくなかったという事なのでしょうか…。

 

いじめがあった小学校はどこ?

今現段階では残念ながら小学校の特定はできませんでした。
今のところ分かっている情報は、名古屋市の市立小学校という事だけです。

なお某掲示板では「名古屋市の南区」という情報が上がっているようです。信ぴょう性は低いですが一応念のためにあげさせていただきました。

ちなみに名古屋市の市立小学校の数は18件ほどあるようです。

いじめた小学生の名前や顔画像!

残念ながら今現在ではいじめた小学生の顔画像や名前は特定できませんでした。
小学生という事もあり、名前や顔画像の公表は今後もないような気もします。

SNSなどから判明する可能性はありそうですね。

ネットの反応は?

・集団恐喝事件にほかならず、「いじめ」というオブラートに包んだ言い方で誤魔化すべきではありません。ただし、14歳未満の少年には刑法の規定で刑罰を科せず、少年法の規定で逮捕もできません。犯人グループは小学5年生ということなので、これに当たることになります。このため、被害者の親が警察に被害を届け出たとしても、警察の活動は「捜査」ではなく犯人グループの少年らの情操の保護に配慮した「調査」にとどまります。自宅などの捜索や差押え、検証や鑑定はできても逮捕はできず、補導どまりであり、事情を聞く際は嫌なら断ることが可能な任意の質問までとなっています。なお、名古屋市では2000年に中学生が同級生から長期間・多数回にわたって総額約5千万円の恐喝被害に遭うという事件が発覚しています。犯人グループが14歳以上だったため、計15人が逮捕され、うち9人が中等少年院送致、6人が保護観察処分となっています。

・謝罪させるのはいいけど、金銭絡んでいます。加害保護者はどのような対応したんでしょうか? まさか無視とかはないよね。

・ウチの子のクラス、直接手を出さなければ何をやってもいいとでも教えられているのか、先生のいないところで脅しや暴言、悪口や無視、仲間外れみたいな陰湿な行為が多発しているみたい。
男の子の世界でも。
これも立派ないじめだと思うけど。

・私の周りだけかもだけど、安易に「気に入らない子は無視しなさい」って教える親が増えてる気がします。
簡単に人を無視してOKみたいな風潮はどうなのかな。
なんか悲しくなる。

・うちの子も虐められてた。
私はブチ切れて、証拠は全部写真に残して、
校長に直談判。
出るとか出るし、新聞社や週刊誌にも持ち込むと。
結果担任は飛ばされ、
加害児童の親からは謝罪を勝ち取り、
加害児童とは別のクラスでその後は過ごせた。
担任や家族間での慰め合いでは、何も変わらない。
親が、闘わなきゃ。

・いじめっ子ろくな小学生じゃないな。特に言い出しっぺの子供。
小学校らしからぬ発言、
やっぱり少なからず親を見て育つのでは?

・被害者を報道する形だが、このようなケースは加害者達を主語にして報道すべきではないか?被害者を責めるような風潮をマスコミが醸し出してはいないだろうか?
毎回思うが、なぜ加害者には社会は甘いのか?

・いじめっ子の親はどういう躾をしているのでしょう
小学生で恐喝って末恐ろしい。

まとめ

いかがだったでしょうか。
名古屋の小学5年生の男子児童が同級生複数人から現金総額20万円を手渡していた事件について紹介させて頂きました。

最後までご覧いただきありがとうございました。



スポンサーリンク