斉藤平路の顔画像,facebookは?女子高生誘拐で練炭自殺未遂!本当の目的とは?SNSで知り合いキャンプ場テントで・・・神奈川県愛川町

スポンサーリンク

10月22日、自殺希望の女子高生を誘拐したとして26歳会社員の男が逮捕されました。
現場であるキャンプ場のテント内からは練炭が見つかったようです。

女子高生は自殺を希望していたそうですが、容疑者の男の目的は一体何だったのでしょうか?

早速詳しく見ていきましょう。

斉藤平路が女子高生誘拐で練炭自殺未遂か!SNSで知り合いキャンプ場で…

 

会員制交流サイト(SNS)で自殺を希望する投稿を書き込んだ女子高校生を誘拐したとして、神奈川県警厚木署は22日、未成年者誘拐の疑いで、東京都世田谷区、会社員の男(26)を逮捕した。

逮捕容疑は、20日午前9時ごろから21日午後1時25分ごろまでの間、調布市内の駅から愛川町内のキャンプ場まで、埼玉県三芳町に住む高校3年の女子生徒(17)を誘拐した、としている。署によると、同容疑者は容疑を認めている。

署によると、同容疑者は生徒の投稿を見つけ、生徒に連絡した。駅で待ち合わせ、同容疑者が借りたレンタカーでキャンプ場まで移動した。

署によると、犯罪に巻き込まれる可能性や自殺の恐れがある「特異行方不明者」の生徒が県内にいると他県警から情報提供があり、神奈川県警が生徒の携帯電話の位置情報から場所を特定。厚木署員がテント内にいる同容疑者と生徒を発見した。テント内には練炭が置いてあった。

出典:神奈川新聞社

 

キャンプ場に練炭が置いてあるのはごく自然なことだとは思うのですが、それを使って死のうとしたんでしょうか…。

 

スポンサーリンク

斉藤平路が女子高生を誘拐した動機は?

 

自殺願望のある被害者ということなので、考えられる動機としては

 

・容疑者の方にも自殺目的があり一緒に死のうとした
・女子高生が死ぬことへの手助けをしようと思った
・性的目的があった
・本当に助けたかった

 

といったあたりでしょうか。ただ被害者の方も意志があって容疑者と落ち合ったというのに、
女子高生が未成年だから誘拐という括りになってしまうようです。

 

斉藤平路の顔画像,フェイスブックは?

名前:斉藤平路
性別:男
年齢:26歳
職業:会社員
住所:東京都世田谷区給田
容疑:未成年者誘拐

今のところ画像やfacebookは公開されていないようです。

今後情報が入り次第、更新いたします。

 

容疑者が起こした事件現場

事件の現場は、神奈川県愛甲郡愛川町のキャンプ場です。

 

ネットの反応

 

・これは誘拐なんでしょうか?

・キャンプ場に練炭を置いあるのは普通の事の気もする
自殺する為にはテント内を密閉して、(推測だけど)睡眠薬なんかが必要だよね
それはあったのかな?
まあ、男の方は何が目的だったのかはわからないけど、自殺なんてしない方がいいよ。

・自殺願望の少女に、気持ちわかるぅ〜殺してあげよっか?または一緒に死のうと巧みに誘い出した、性目的または死ぬとこみたい倒錯的な性癖の変態男なのか。
それとも、本当に同情した善意の人なのか…

・待ち合わせして連れて行って誘拐になるの?男も割りに合わないな。

・こういう記事で、死にたいやつを殺して何が悪い。
みたいなコメントを書く人は犯罪思想に染まりきっていると思う。
死にたきゃ殺していいのか?
自分に子どもがいたとして、自殺願望あればどこの馬の骨かわからんやつに勝手に殺されるんだぞ?

・自殺したいぐらい苦しいことはわかるけど、せっかく生まれてきた命を無駄にしようとする気持ちがわからない。それを、手助けしようとする気持ちもわからない。生きたくても災害で、亡くなった人や事故や事件で亡くなられた方が気の毒だ。辛い=自殺じゃなく誰かに相談したり救いを求める考えを持つべき

 

まとめ

容疑者にどんな意図があったかはまだ定かではありませんが、いずれにせよ警察が早めの発見で事前に事件を防げて本当によかったですね。
SNSは今や生活の一部になっているほど身近なものなので、誰でも簡単に事件に巻き込まれる可能性があります。
SNSの怖さを改めて感じたニュースでした。



スポンサーリンク